> ホーム > ロードスタートップページ  > Q&A
                               



【車検について】

当店エキマニは、ガス検レポートを取得しておりませんので、

基本的に車検対応ではありません。

しかし現実的には、そのまま車検に通ってしまっているのも事実です。

絶対に通るとお約束まではできませんが、今の所、当方大阪の陸運局

ではマフラーがノーマル状態であれば、100%通っております。

継続検査のガス検では、CO→1%以内、HC300ppm以内が基準で

当店エキマニは1次触媒がレスになり、純正の二次触媒だけですが、

CO→0.01、HC→80ppmとなり基準値を十分満たしております。

検査員に、前もってエキマニを社外品に交換し1触媒がな無くなって

いるが、車検は通るんですかと、確認するとダメと言われるらしいですが。

2次触媒の劣化により性能が低下しても、熱を持たせると更に数値は

COHCともほぼ0に近づきます。

一番数値が下がるのは、3000rpmを20秒ほどパーシャル状態を

維持し、3分〜4分後が一番数値が下がります。

エキマニの車検に通る通らない定義はハッキリしていない部分が多く

他の車種も上記と同じようなケースは通っております。

あくまでもグレーゾーンなので、日ごろ陸運局の車検申請に手馴れている

業者様に依頼するのが良いかと思われます。


マツダティラーの入庫やアフターサービスは、営業店や担当者によって、

かなり異なります、出入りすら全くダメと言われる場合もあれば、

全く問題ありませんっとの対応もあります。


【エンジンチェックランプについて】

初期試作段階の頃は、頻繁に点灯しましたが、対策を繰り返し、

AT車、MT車で、給排気系が純正状態でエキマニ単体の交換で

1年以上テストしておりますが、今の所点灯しておりません。

その他吸排気系を改造している場合は組み合わせによれば

点灯する事があるかもしれません。



【ステレス、スチール、チタン、材質の違いは?】

ステンレス製のメリット → 見た目が美しい。錆びにくい。

音質はステンレス特有のカン高いサウンドになる。好みによりますが。

スチール製のメリット→安価。 長寿命耐久性に優れ、マフラーを地面に

擦ったり、ダートで使用する場合に向いている。

音質は、ステンレスに比べマイルドになる。好みにもよりますが。

チタン製のメリット → 超軽量 錆びない

音質はチタン独特の、軽いレーシングサウンドになります。

ステンレス製のデメリット → 高価、スチールより耐久性が劣る

スチール製のデメリット → 見た目が美しくない

チタン製のデメリット → 高価、耐久性に劣る、マフラーをぶつけたり

地面に擦ったりすると、割れる場合がある。



【4−2−1と4−1のパイプレイアウトの特性の違い?】

4−2−1に比べ4−1の方が高回転トルク向けです。

4−2−1でも純正に比べれば十分体感できるほど、中、高回転域の

トルクアップしております。






> ホーム > ロードスタートップページ  > Q&A

                               



Eee Custom イーカスタム

        by 株式会社ガレージツルワ


E-mail: info@eeecustom.co.jp









Copyright (C) 1996 Eee custom All Rights Reserved.